2018年も残りわずかですが、今年を振り返ってみると、引っ越しという大きな出来事がありました。

この引っ越しは、とんとんと決まって、あれよあれよという間に済んだのですが、

日々の暮らしに面白い変化をもたらしてくれた気がします。

 

新しい場所は、大きな庭があって、それが引っ越しを決めた理由のひとつでもあります。

引っ越しを決めた2月、庭には何もありませんでした。(ないように見えました。)

乾いた石が転がっているだけの茶色かった庭が、

6月の雨のころから、うっすらと緑に覆われるようになって、

7月に入ると一雨ごとにぐんぐんと一気に伸びて、手が付けられないほどに緑が茂ってきました。

 

いろいろな植物が生えてくると、そこには本当にたくさんの虫や蝶や鳥なんかも集まってきて、

あっという間に世界ができました。

ひまわりの葉の裏に隠れる芋虫も、

葉っぱと同じ色をしたバッタも、

風は吹いていないのにそこだけ揺れている枝の先も、

とにかく生き物の気配に溢れていて

姿の見えないものたちの気配に常に触れている感じは、新鮮でわくわくしました。

 

咲き乱れるひまわりの花のほのかな香とか、

草の根元の小さな、真っ赤な虫の集団とか、

バッタのメカニックな形とか、

芋虫のロボットみたいに精密な歩き方とか、

知らなかったことを日々発見できるのも楽しかったです。

そんなことを思いながら、このタペテを織りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA