お引越し

7月1日

今年も半分過ぎました。

後半に入ると、冬の個展が急に現実味を帯びて考えられてきて、頭も体もフル回転し始めます。

今年もスイッチ入りました。

とはいえ、今年はすでに、いつになく変化にとんだ、フル回転な時間を過ごしていました。

 

6年間、織り続けてきた工房を引っ越しました。

引っ越しを決意した1週間後くらいに、とても好きな場所に出会いました。

大きな庭のある、水色の工房です。

新しい工房は、見える景色も、聞こえる音も違ってなかなか新鮮です。

住宅街で、道に面しているので、ご近所の子供たちが帰ってくる声が聞こえたり、毎日同じ時間に通るアイス売りのおじさんに気付いたり。

以前は窓と壁の一部がない、半分外のような開放的な空間で、それもまたよかったのですが、新しい工房はちゃんと窓も壁もあります☺

 

新しい工房に引っ越した勢いで、以前から考えていた、新しい織り機も作ってもらいました。

大きな庭には、先日のメキシコシティ出張で入手した綿の種も蒔いてみました。

ひとつの変化を迎えると、まるで違う世界にいるみたいに、不思議なほどに新しいことがどんどん起きて、あっという間に今年も半分過ぎました。面白いものです。

引っ越すことにした、と伝えた時、友人が言ってくれた「変化というものはいつでも良いものよ!」という言葉。

本当にそうだなぁと思います!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA